電力自由化。切り替えでのメリット・デメリット。切り替えで安くなるのか

『電気代安くするなら、○○電気』

『〇〇電気なら基本料が掛からずお得!』

最近CMで、よく見聞きする言葉ですね。

なぜ各社こんなCMをするようになったのか、

それは、

今までは、電力は各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)

のみが電気を販売していました。

従って、私達は、電力会社を選ぶことが出来ませんでした。

2016年4月~電力の自由化がスタートしたことにより、

自分達で電力会社を選ぶことが出来るようになりました。

自分達に合った電力会社、料金プランを選べるようになりました。

電力自由化での私たちのメリットは?

経済的にお得になる

(経済環境省資源エネルギー省HPより)

電力自由化で様々な事業者が参入してすることで

競争が活発化し、様々な料金メニューや、サービスが期待できます。

例えば、使用量に応じたポイント付与のサービス、

楽天の様なポイント倍率UPサービスや、ポイントでの電気代の支払い

電気と携帯を組み合わせるようなセット割引、

省エネ診断などが登場しています。

電力事業者を選べる

環境に配慮したエネルギーが買える

(経済環境省資源エネルギー省HPより)

太陽光や、地熱、風力、水力など地球環境に配慮した

再生可能エネルギーを中心に発電する電力会社を選ぶことも出来ます

電気の地産地消

(経済環境省資源エネルギー省HPより)

住んでいる自治体が運営している電力を買うことで

地産地消が出来ます。

逆に、

ふるさとを応援したいという気持ちから

エリア外の電力も買う事が出来ます。

切り替えでのデメリット

解約時違約金が発生する場合あり

今までの各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)では、

解約の際、違約金などは、発生しませんでした。

しかし、

新しく参入された登場した料金プランの一部には

一定の契約期間を定めており、その途中で解約してしまうと

違約金が発生してしまいます。

転勤が多い家庭、これから引っ越しの予定があるご家庭は、注意が必要です

電気代が高くなる場合あり

まずは、今自分がどんなプランに入っているのかを確認しましょう

基本料はいくら払っているのか

電気料金は使用時間帯で違うのか 等確認しましょう。

例えば私の契約プラン)

契約プランデイタイム@ホームタイムナイトタイム
スマートプラン基本料38.71円/kWh28.52円/kWh16.3円/kWh
使用量339kWh8kWh100kWh231kWh
電気代8580円(1487円)

月々の電気代も公開してます。

スマートプランは、オール電化向けの料金プランです

夜間にエコキュートのお湯を作るので

その際に電気代が安くなるよう設定され、

平日の昼間は、家を空けていることが多いため

その間は、電気代が高めに設定されてます。

切り替えの際には、同様のプランの有無を確認し、

安くなるかシュミレーションが必要です。

一部のマンション・アパートでは、契約出来ない場合あり

マンションや、アパートでは、

管理会社が大口顧客向けの契約をしている場合、個人での切り替えを

制限されることがあるので、

切り替えを検討する際は、一度、不動産会社や、管理会社に確認するといいでしょう。

実は簡単!切り替えの3ステップ!

毎月届く『検針票』(電気使用のお知らせ)を手元に用意

九州電力HPより
九州電力HPより

検針票で様々なことが分かりますね。

料金シュミレーションをして、電力会社を選ぶ

価格.comや、【電気チョイス】 電気代一括比較サービス

を使うと簡単にシュミレーション出来ます

手元に検診表があればシュミレーションできますので、

一度検討してみるといいでしょう。

特典として、

キャッシュバックキャンペーンもあるのがうれしいですね。

納得したら、新規契約(既存の解約手続きは不要)

webで、新しく契約したい電力会社に申し込みで完結します。

申し込みには、必要な情報を入力するだけなので、

10分から15分で完結します。

この作業だけで、月々の電気代が安くなるなら

絶対した方がいいですね!

月々1000円安くなるなら、年間1万2000円

おいしいお寿司が食べに行けますね!w

今使っている電力会社に解約手続きする必要はなく、

自動で切り替わります。

電力会社の切り替えは約3週間で完了します。

オススメ電力会社3選

リミックス電気

【リミックスでんき】

メリット

・基本料金、使用料金5%オフ

・5%オフ分を仮想通貨で受け取り可能

デメリット

・最低1年間の契約が必要。期間内の解約で解約違約金11000円必要。

・書面での明細発行に220円必要

・契約変更時の手数料が330円必要

Looop電気

Looop電気

メリット

・基本料金0

・違約金0

・スマートプラン対応

Looop電気より

デメリット

・支払いはクレジットのみ

・明細はWebのみ

エネルギーファンディング

エネルギーファンディング

メリット

・従来の電気代の5%安い電気料金

・浮いた5%の一部を寄付。社会貢献が出来る

・違約金0

(寄付の一例)

デメリット

・スマートプランがない

・セット割引がない

まとめ

リミックス電気は使用量の5%が仮想通貨で返ってくるのが

面白いと思い紹介しました。

エネルギーファンディングは社会貢献出来るのが素敵!ですね

Looop電気は純粋に電気代が一番安くなるし、

オール電化のスマートプランにも対応しているのがいいですね。

【電気チョイス】からの申し込みで

今なら最大3万円のキャッシュバックキャンペーンです。

電気代を安くしたい方や、切り替えをお考えの方は

今がチャンスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました