新居に和室は必要!?間取りを考える

契約、間取り

新居には和室は必要!?

『和室』と聞くと

何となく、古い、おばあちゃんの家の大きな和室を

想像し、敬遠する方も多いと思います。

しかし、実際新築される方の多くは、

『畳スペース(コーナー)』や『小上がりの和室』などで

おしゃれに、また有効に和室を楽しんでいる方が多いように思います。

これから新居を考える方の中で

今回は、和室のメリット、デメリットを確認しつつ、

和室は、いるのか、いらないのか悩まれている方の

参考になればと思います

また、和室を採用した我が家のあってよかったこと、

悪かったことについて

お話ししたいと思います。

こんな方におすすめ

・新居に和室はいるのか考え中

・和室を採用して、良かったのか知りたい

ここで1つお願いがあります。

この記事を読み終えて。良かった!や、

参考になった。タメになった!と思った方は、

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

記事下にもある

ブログ村のランキングバナーで応援いただけたらと思います。

それは、いってみましょう!

和室のメリット

仏間として使う

仏壇の設置を考えている方には必要かもしれないですね

雰囲気がぴったり合いますよね

客間として使える

来客の際、テーブル、座布団を置いて、応接間としても使えます。

また、両親や、友人が泊まりに来た際は、和室に布団を敷き、

泊まってもらうことも出来ますね。

リラックス出来る

畳(い草)の香りが好きだという方も多いですね

畳の上でゴロンと横になり、

い草の香りに包まれ、リラックスできるのも魅力の1つですね

育児、子供の遊び場に良い

畳は直に座るために作られているので、

クッション性や、通気性が良いため、

小さいお子さんのお昼寝スペースや、

遊び場にいいですね。

フローリングに比べ、柔らかいため、けがをしにくかったり、

おもちゃで床を傷つけにくいでしょう

(畳が傷ついても一部の貼り換えの為被害が最小)

家事スペースとして活用

アイロンがけや、洗濯物を畳む座って行う家事の際に

和室があると重宝します

また、和室には押入れがあるので、アイロンなどの家電も

一緒に収納できるのも助かりますね

在宅ワークスペースとして活用

最近では、自宅でリモートワークを行う方も増えてきました。

自宅にワークスペースや、書斎がない人でも、和室に

机、パソコンを置けば、在宅ワークスペースの完成です!

和室のデメリット

メンテナンスコストがかかる

畳は長い間使えるとは、言われていますが、

10年もしないうちに交換が必要と言われています。

また、和室の襖(ふすま)、障子なども、

洋間(フローリング、クロス)と比べ、傷みやすく、汚れやすいです

障子などはこどもが破く危険もありますね。

ちなみに、畳の交換にかかる費用が、1畳あたり1~2万ですので

4畳半で、安くても5万近くかかります。

家具をえらぶ

洋風の家具とは、統一感がなくなり、合わないです。

また、畳はクッチョン性があるため、へこみやすいので

重量感のある家具は避けた方がいいでしょう。

ダニ、カビの心配

ジュースなどをこぼした場合

中まで染み込んでしまい、それが原因で、

ダニやカビが発生してしまうこともあるので、

しっかり乾燥させましょう。

このように少しメンテナンスに

気をつけないといけないですね

間取りがうまくいかないことも

和室を作るために建坪を大きくしたり

他の部屋の大きさを小さくしたり、調整が必要です

最近は、リビングに繋がった和室を作ったり、

畳コーナー、小上がりの和室を作る方もいますね。

ここで少し脱線

『小上がりの和室』について

『小上がりの和室』って!?

扉や、壁で仕切ることなく、

リビングの一角に床を1段上げた

小上がりで空間を区切った和室のことを言います

一条工務店HPより引用)

小上がり和室のメリット

・扉や、壁が無いため、開放感があり、

 その空間を広々と感じることが出来ます

・1段の段差に腰掛けるが出来る

・1段の段差部分を使って収納スペースに

 布団などの大物収納に便利ですね。

小上がり和室のデメリット

・小上がりの1段があるため、

 バリアフリーではないことですね。

 この1段上がるのが大変になるときが来るかもしれないです

・小さい子が遊んでいる際は注意が必要!

 和室で遊ばせることが多いので、

 1段から落ちないよう注意して見ておきましょう

・お掃除ロボットは上がれない

 ルンバなどの自動お掃除ロボットでは、小上がりの1段を

 上ることが出来ない可能性大です!

 



我が家の和室

我が家の場合はリビングに繋がった和室を設計しました。

スリットスラーダーの扉を採用しました。

リビングからの

和室

図面ではこんな感じです

和室スペック

大きさ4.5帖
種類琉球畳
スリットスライダー
1面アクセントクロス

琉球畳って!?

畳縁のない半畳サイズの正方形の畳のことを呼びます

厳密には『七島イ(しっとうい)』を使い、沖縄地方で

手作業で作れているなどの条件もあるようですが、

今では、半畳分の正方形の縁なし畳全般を

指す言葉になってるようです。

琉球畳のメリット

オシャレ

カラーバリエーションがあるため、

2色使って市松模様に彩ることが出来ます

素材によっては耐久性が優れる

化学繊維や、和紙を使った琉球畳では、

カビやダニが発生しずらく、耐久性にも優れるようです

さらに色あせしにくことから、きれいな色の状態を

長く楽しめるのもメリットのひとつです。

琉球畳のデメリット

・割高

半畳分で1枚ですので、4畳半では、9枚必要です。

琉球畳1枚当たりの値段が、普通の1枚(1畳)分と同じくらいですので、

高額になることが多いようです。

また、縁がないため、四隅はキズ、破損しやすく

寿命が短くなることもあるようです。

主な用途

子供の遊び場

 リビングと和室を使って遊んでます。

 繋げることで広々空間になるので、

 お友達が来ても大丈夫です

友達、両親が泊まりに来た際の寝室

 友達や両親が泊まる際は、和室で寝てもらってます。

 4.5帖だと少し狭いかもしれませんが、寝るだけなら

 十分だと思います。

 

・子供が増えた場合には、夫婦の寝室にする予定

 2階を3部屋しか設計していないため、

 子供が増えた場合は夫婦の部屋がありません。

 その時には、和室を寝室にと考えています。

和室はあって良かったか!?

私はあって(作って良かった)と思ってます。

両親や、友人が泊まるために!と思って作りましたが、

泊まりに来るのなんて、年に数回程度です。

それだけを考えてたらコスパは悪いですが、

家族が増えても部屋の心配しなくて済むし

子供たちがリビングと和室を使って

広々遊んでいるとこの家建てて良かったなって思えます。

それに畳を見るとなんだかホッとするんですよね

田舎育ちだからですかね!?w

和室は必要!?

それぞれの価値観なので、

必ず必要ではないです

和室の提案

・リビングや、ダイニングに隣接したオープンな和室

 子供たちが遊んでいる様子が家事をしながらでも、

 目が届きます。また、広々空間を演出できます

押入れなどの収納はしっかり確保する

 和室は宿泊場所として使うことが多いので、

 布団を収納できる、大き目の押入れ、収納を作りましょう

4.5~6畳の大きさを

 宿泊をしてもらうと考えた場合

 4.5畳は必要です。6畳あれば、十二分です。

和室なしの提案

和室分をフローリングします。広々リビングにして、

収納や、パントリーを多く取り入れましょう!

フローリングで、

畳のように直接寝転がるのに、抵抗があるなら

ラグや、カーペットを敷いたらどうでしょうか。

タイルカーペットがおススメです

その上なら寝転がれるし、

宿泊の際お布団を敷いて、泊まってもらうのもいいですね。

まとめ

私は良かったと思っています。

しかし、

メリット、デメリットがあるため、

それらを考慮して決めて頂けたらと思います。

簡単に

メリット

和室があると使い勝手が良い!

(仏間、遊び場、寝室などに使える)

デメリット

コストがかかる! です。

(ランニングコスト、貼り換えコスト)

間取りを迷ってるあなたにオススメ!

どんな間取りがいいんだろう!?

和室はいるかな!?いらない!?

吹き抜けは!?リビングの大きさは!?

など間取りを考えたときに『?』がいっぱいですよね?

私の生活に合った間取りはどんな感じだろと

悩んでいるはずです。

実際私も、間取りの本を読んだり、打ち合わせを重ね

『コレだ!』と思って

建てた家もここをこうすれば。。。なんて点も多々出てきます。

そんなことを減らすためには、色々なパターンの

間取りを作ってもらい、見比べて、考えるしかないです!w

そんなあなたに自分に合った様々な間取りが無料でもらえる

マウンライフがオススメです!

タウンライフ家造りでは、自分の要望に合った、間取りの提案から

土地探し、予算内での建築メーカーの選定をしてくれます。

要望

・家事がしやすい家にしたい

(具体的なアイディアも教えてください)

こんな要望でOKです

要望はどんどん言いましょう。

それに合った提案をしてくれます

間取りの提案がこちら

要望2)

・平屋希望

・犬を放し飼いに出来る中庭が欲しい

・収納は多く欲しい

・7,8畳の和室も欲しい

間取りはこちら

要望3)

・安心して子育て出来るリビングが欲しい

家事をしながらでも、子供たちに目が届くような間取り

子供たちの自転車や、遊び道具の収納もほしい

間取りはこちら

このように自分の希望に沿った間取りの提案を受けることが出来ます。

もちろん出来ないこともありますが、

私達には、何が出来て、何が出来ないかもわからないので

まずは、タウンライフ家造りで要望を聞いて、理想の間取りをGETしましょう!

よくある質問

Q:最初だけ無料で、途中からお金がかかるのでは?

A:間取り、見積もりを取るのは無料です。

 途中で料金が発生することはないです。

 完全無料で、理想の間取り、建築費用の見積もりがGET出来ます!

Q:タウンライフ家造りを利用したら必ず契約しないといけない?

A:そんなことはありません。

 間取りや、建築費の見積もりをもらった会社でも

 契約しなくても大丈夫です。

 実際私も、タウンライフで契約はしていません。

 一条工務店で契約して建てました。

Q:間取り、見積もりは欲しいですが、営業電話がイヤです!

A:お気持ちわかります。

 私も苦手です。

 要望欄に

 『電話出れないことが多いので、メールでの対応をお願いします』と

 記入しておきましょう!

Q:登録に時間がかかりますか?

A:登録方法はこちらの記事に順をおってあります

 要望欄に自分の希望を書く必要があるので、

 そこだけ時間がかかると思います

 この要望には自分の希望をたくさん書きましょう!

 

限定キャンペーン

今申し込みをすると

『成功する家づくり7つの法則』の本もプレゼント!

間取りや、設備の注意点や、

家の色味、外観と外構についても書かれいます。

これを読むとより良い家造りが出来ると思います。

登録後、メールにてこの本のPDFが送られてきて

すぐに読むことが出来ます。

是非この本を読んで家造りの参考にしてみてください

タウンライフ家づくりを使っていい家づくりを

 

ブログ村のランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回の記事が参考になった。

面白かったなどありましたら

ポチッと応援いただけると泣いて喜びます!w

コメント

タイトルとURLをコピーしました